学べるコンテンツLET'S LEARN

みらいしごと図鑑

どうして勉強しなきゃいけないの?義務教育の意味を考える!

諸岡:金井さんって、子ども向けの本も書かれてますよね?

金井:子ども向けの俳句の季語の本を書きました。「虫ぎらいはなおるかな?」っていう本も。

諸岡:また全違うトピックですよね。

金井:そうですね。

諸岡:・・・虫嫌いって治るんですか?

金井:そこなんですよね〜!私、すごいく虫嫌いで。でもそれが不当だなっていう思いがずっとありまして。

諸岡:?

金井:虫は悪くない。不当に嫌われているなと。

諸岡:・・・はい。

金井:それこそね「多様性を面白がる」とか偉そうに言っているけど、もう思いっきり差別なんですよ、虫に対して。なんで嫌かっていうと、見た目が気持ち悪い、住んでる場所が不潔。そういうことで嫌うなんて差別行為じゃないですか。

諸岡:・・・確かに。

金井:それを思い切り自分がやってる。その自覚はあるんだけど、でもやっぱり出るとギャッとなる。これをどう克服するかっていうチャレンジのノンフィクションですね(笑)。いろんな虫の先生とか、害虫の歴史を調べてる先生とか、怖いっていう気持ちは脳のどこから出てくるかを脳科学の先生にとか、いろんな人のところに会いに行って「虫嫌いは治りますか?」って聞くっていう。

諸岡:えー、おもしろい!

金井:俳句の方はもっと子ども向けの季語の本で、絵なんかも入ってて。季語って見てるだけで楽しいし、次の季節がくるのがすごく楽しみになるんですよね。寒いのに文句ばっかり言ってだけど、寒いところも面白い季語があったりとか。それこそ窮屈な人ほど季語を知ったらすごくのびのびできるのにって思ってて。

諸岡:うんうん。

金井:まあ、大人も勿論なんだけど、子どものときに季語を見つける遊びを知ってたら、すごくいいだろうなぁと思いまして。

諸岡:なるほど!ところで、金井さんは子どもと付き合うのは得意ですか?

金井:あ、私、自分に子どもいないし身近にもいないんですよね。だけど今、毎日小学生新聞っていう小学生の新聞の連載もしていて。それは絵を描く仕事なんですけど、子どもがいないからどうするかっていうと、自分の中の子どもを探し出して、自分が子どもだったらこの絵で笑うかどうか考えるんです。本当に身近にいたら、笑わせてみたり、「つまんねー」とか言われたりしたいんですけど、いないので自分の中の子どもを呼び覚ましてるって感じですね。

諸岡:あはは、そんなんですね。

自分の中の子どもを呼び覚ましている金井さんに聞きたいこの質問

諸岡:子どもに「どうして勉強しなきゃいけないの?」って聞かれたらなんて答えます?

金井:・・・しなくてもいいんじゃないでしょうか。

諸岡:・・・! 

金井:え?しなきゃダメなんでしたっけ??・・・でも、子どもは聞きますよね。

諸岡:そうですねえ。やっぱり、毎日学校に行かなきゃいけないと思ってるし、

金井:ああ、それも辛いですねぇ・・・

諸岡:テストもあるしっていうので、やっぱり勉強しなきゃいけないっていう気持ちにはなると思うんですね。

金井:だからねぇ、私は自分に子どもがいないから、もう無責任なおばさんですよね。子どもが来た時、無責任に言っていいなら、学校も別に無理して行かなくても、勉強しなくてもいいんじゃないかな!って言うけど・・・それは親にとってすごく困った人ですよね、こういう人。すごく悪影響を与える隣のおばさんみたいな感じになってるから、どうしよっかなぁ。

諸岡:金井さん自身は子どもの頃、勉強は好きでした?

金井:本読むのが好きだったから、国語とかは好きですね。国語の教科書は最初に読んじゃうタイプでしたね。

諸岡:え!かなり勉強好きですね、それだと。

金井:勉強というか、本として好きなの。読みものとして読んじゃうっていうか。でも、やっぱり学校で押し付けられたら、大体つまんないですよね。

諸岡:・・・という先入観もあるんでね。

金井:どんなものであってもね、自分で見つける方が絶対面白いから。だから自分で見つけて面白がれるまでは、まあ無理してやらなくても・・・。いつか絶対面白くなると思うんですよね。それが学校で習う勉強と同じものかどうかわからないけど、「これはおもしれーっ!」ていうものが、絶対なんかあるから、それを見つけたら面白がればいいわけで。

金井:「勉強好きでしたか」って、今聴いてくださったけど、あの時やってた勉強っていうものは、本当の勉強じゃなく、大人に褒められるためのものだったり、隣の人より出来るか出来ないか、たくさん覚えたか覚えてないかとか、早く計算できるかどうかみたいな、競争のツールみたいなもので、それにすごく自分も自意識過剰に囚われていたんで・・・。大体若い人とか子どもはとらわれちゃうと思うんですけど。人より下手と恥ずかしいとか。あれはなんだったんだと思いますよね。

諸岡:ね、本当ですね。学ぶとか知るっていうのは楽しいことですもんねえ。

金井:ねえ、人との競争とかでは絶対にないのに。なんだったんだろうあれはって感じですよね。あと、出遅れたものはもう今更できないとか、誰か上手な人がいたらもう自分もう無理だ!みたいな、何ですかあれは?あの無駄な自意識は。

楽器とかもね、小さい頃からやってるお友達がいたら「もう絶対敵わない」と思うけど、でも、そこで始めなければ永遠に始まらない。だけど、何を見てたんですかねぇ。好きな楽器があればやってみればよかったんだし、サッカーがやりたかったならやればよかったと、本当に今は思うけど。なんかもうすでにやってる人には敵わないんじゃないか、今さらやっても・・・みたいな。敵うか敵わないかに意識がいってたんですかね、なんだったんですかねぇ。

諸岡:なんでしょうねぇ。

金井:なぜか人を見てたんでしょうね。もうすっごく無駄だった!と思うけど。

諸岡:(笑)

金井:・・・あ、なんだったっけ?「なんで勉強しなきゃいけないの?」と聞かれたら、ですよね。
 まあ、今すぐする必要はないけど、いずれ面白いことが出てきたら、それを楽しみにしててねっていうことなんですけど。きっと、なんかつまらなくしないで生きる1個の方法なんだろうなとは思います、何かを知ることとかが。知らないままだと、つまらないことになったり、人に舐められたり、そういうこともあるかもしれないし。だから、知ってた方が面白いんですよね。知ってた方が稼げるとか賢いとかじゃなくて、面白い!ってことだと思うんですけど、それをすごい早い段階で一生懸命言っても多分わからないし、無理にしたってそれこそつまらないんだから。まあタイミングを待って、いずれ面白いことが始まりますよって感じですかねぇ。

諸岡:うんうん。

金井:でも、どれか好きそうなやつでいいじゃないですか。なんか、まんべんなく教養を・・・ってちょっと無理でしょ?だからまぁ、ぎりぎり好きなやつを頑張るぐらいかな。

勉強はぎりぎり好きなやつ頑張るくらいで

金井:私、年号とか割と好きで、漢字も好きなんですよ。一番苦手なのは、「ありおりはべりいまそかり」みたいなもの。化学記号とかももう意味がわからないけど、そういうのを好きな人はいるので、それはその人に任せるという具合に、分担すればいいんじゃないですか?みんなで役割分担で。私、漢字は担当してもいいですよ、漢字係。そういう感じでやりましょうか。

諸岡:確かに(笑)。みんなが自分の得意なところをどんどん伸ばして協力したほうが、効率良さそうな感じはしますよね。

金井:だからもう確定申告は確定申告の専門家に任せるみたいに、どんどん分担すればいいと思うんですよ。ベースになる一般教養をみんなが習わなきゃいけないのは辛いところだけど。まぁ、そこは何の役割を担うかを決めるプレ・テストと思えばいいのか!全教科をまんべんなく聞いておいて、「まあまあこれ頑張れる」「自分の係できそう」っていうのを選ぶために。もしかして、すごく算数得意だったかもしれないのに、見てみないと得意かどうかも分からないから。

諸岡:確かに。自分の適性を義務教育の間に見極めていく。

金井:そうですよ。それで、さっきの15歳理論(参照:https://www.manabimo.jp/article/kanai_02/)じゃないけど、その中で最も「まあ、頑張れそうなやつ」が追々、というか、結局それになっていくんだから、あとはまあまあ流しておくとして、そのことを決めるのにも一応まんべんなく知らないと!

諸岡:なるほど。あるかもしれないです、それ本当に。

金井:で、いずれは1個か2個かの係を担う。得意そうなやつだけお願いします!